読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えりあし

思ったこと、残しておきたいこと、いろいろ

2015年の現場を振り返る

振り返るぞー!

今年の目標は「いろんな舞台に行く」でした。

えびの現場が本格的にはじまる前の上半期によく頑張ってた。

 

 

 

Johnnys' Countdown 2014-2015

ブログ書いてた。
マッチのいいところを探すのに必死だった。

 

 

2015新春JOHNNYS' World

2015年唯一二ッキさんがプレーヤーとして舞台に立った作品。
最初のサークルフライングで全て持って行かれました!あんなにいいもの見たらこの後どんな展開が待っていてももう構わん!という気概!
ニッキPが一人ぐんと歳上だったので、トニトニのときからえびちゃんの立ち位置もちょっと変わって。えびを率いるニッキP、最高だった…。
ストーリー的な意味では私のJWはここで完結!!!!と思ってたけど今年の内Pもすごくよかったんだよな~~今年のもブログに書けたらいいなっ

 


ジャニーズWEST1stコンサート一発めぇぇぇぇぇぇぇ!

OPの映像がもうおしゃれで、衣装も正月にしか着れないやつで、無駄な布が多くて、羨ましさで倒れるかと思った…(^o^)
トロッコが目の前通る列だったのに、スタート位置の奥の方の席だったために、WESTが遠ざかっていくのを見送るしかなかったの、結構面白かった。
淳太くんはやっぱり二子玉の専業主婦。

 


ブラッドブラザーズ

マルシアさんがめちゃくちゃ歌がうまくて、ミュージカルってこういうことなのか~~!!と感動しまくった。
真琴つばささんの、ロングコートからチラッチラ見えるニーハイブーツ×網タイツがめちゃくちゃセクシーだった。
念願の照史の外部舞台!!!!!!!と鼻息荒く観に行ったけど、神ちゃんの引き出しの多さというか深さというか、終わったあとはとにかくずっと神ちゃんがすごかったはなしばっかりしてた。
初主演舞台で見た照史は、全部知ってる照史だった。

 


If or…Ⅶ

Ⅳから物語になり、Ⅴで萌えを披露しはじめ、Ⅵでいよいよオタクの心を鷲掴んだーー!!と興奮していたら、Ⅶは冒頭から股間が強調されすぎてて目のやり場に困った…。
村上くん、自分の体を大事にして…安売りしないで…。
村上くんが自分の体の需要をよくわかってた。
ストーリー書き起こししてたあの日の私に感謝。→

 


広島に原爆を落とす日

めちゃくちゃ前の席で、正直ストーリー以上に演者との近さに慄きっぱなしだった…夏枝もディープも近い…めちゃくちゃ美しい…。
熱海、出発と観てきて、自分がつか作品に慣れたのか、戸塚くんがつか作品に溶け込んできたのか、まだまだ観劇経験の少ない私にはわからないけど、どれもそれぞれ面白くて好き。
つか×錦織×戸塚のファンなので、毎年同じタッグの違う作品を観れているのが嬉しい。

 


ベター・ハーフ

広島からはしごしました。風間くんと仁さん目当て。
この作品、きっと色々めちゃめちゃすごくて、脚本もキャストも演出も、めちゃくちゃ気持ちよくマッチングしてるんだろうなあー!
っていうのは肌でわかったけど、それがどのくらいすごいことなのか、私の観劇経験が少なすぎて、そのすごさをいまいち体感しきれなかった自分が歯痒かった。
男性陣二人のことしか知らなかったけど、真野ちゃんも中村さんもすぅごかったぁ…。
パンフで真野ちゃんがめちゃくちゃ勇ましいのが意外でよかった。
それぞれに似たような展開が起こるんだけど、男女の違いがこれまた上手に描かれていて、これが鴻上さんかぁ、と思うと鴻上尚史×A.B.C-Zもぜひぜひ観たくなりました。
最初に仲良くなったのは女性側二人なのに、色々あって、終盤には男性二人がなんだか仲良くなって、女性二人はすっかり疎遠になっていたのが、ものすごーーーく、男女!!って感じがして好き。

 

 

カラフト伯父さん

伊野尾くんが神戸弁で捲し立てると聞いて、それは是非見てみたいぞと急遽譲って貰っての観劇。
個人的に、今年入ってよかった現場ナンバーワンです!!!
阪神淡路大震災の時代の話で、キャストは三人だけ。伊野尾くんって、これが初めての舞台なんですね。
テレビで見てると声が特徴的だなって思ってたけど、舞台で聞いてそこがネックになるとかは全然なく。
伊野尾くん演じる徹が住んでいる鉄工所がワンセットのみでセットチェンジなし。この鉄工所のセットがすんんんんごくよくって、鉄の寂れた感じ、古臭くて油くさそうな感じ。自分のおばあちゃんちが、家の隣に鉄じゃないけど工場があったので、そこを思い出したりしました。へたくそなりに絵起こしも頑張ってた。→
物語のスタートが、伊野尾くんが軽トラを舞台上に駐車するところから始まるのも衝撃的で、上手も冷蔵庫から牛乳を取り出して、セット真ん中のソファに土足でどかっと腰を下ろすところまでのリアルさ、秒針通りに物語が進んでいることがそこの件でよくわかって、これ!といった派手さはないのですが、そのリアルタイムさに訳もわからず惚れました。
一番最初に駐車した軽トラが、ただのインパクト材料としてだけでなく、徹の切なさ寂しさ侘しさを表現するのにすごーーーくいい働きをしていて、徹が泣きじゃくりながら地震に対する恐怖を吐露するシーンでは、徹ばりに泣きじゃくって、チケットを譲って頂いた伊野尾担に若干引かれる、という事態にも見舞われました。
伊野尾くんという、軽薄さが売り(すごく褒めてます)のキャラクターに、こんなに激情的なものを抱え吐露する役が与えられたこと、その作品を直の目で見れたこと、とても貴重な体験でした…!

 

 

A.B.C-Z Early summer concert

待ってたよーーーコンサート!オリジナルアルバム!初めての城ホ!嬉しい楽しい大好き!
ただ、夏の現場が濃すぎて今年の話とは思えない…。
塚田くんがアウトデラックスに出演するようになってからの現場だったのですが、塚田くんに限らず、MCがめちゃくちゃ面白くなってて驚きました。みんな喋ってたしみんな面白かったー!
塚田くんのキャパシティがめちゃくちゃ広がっている感じがして、塚田くんという人がまた一回り大きくなったことを実感しました。
代々木に二回入ったのですが、まさかの大体同列のサイチェンしたような席で、似たような画角の上下逆から観れたのが貴重な経験だったー!
花道が近くて、JrコーナーでメインステからSnowman、バクステから無所が闊歩してセンステで合流する様が、A.B.C-Zに仕える国王軍VS下克上を企てる賊軍の戦場に見えて圧巻でした…ひーくんの圧倒的若頭感…。
城ホで塚田担と二連したのですが、衝撃の外周トロッコ復活、しかもまさかの塚田くん側で、その他大勢お手ふりだったのに、トロッコが去った後二人揃ってへろへろに倒れ込んだのが、とても素敵な初城ホのいい思い出になりました。

 


ファウスト~最後の聖戦~

オフィスト様のことを「ごっち」って呼ぶガブたん。マルガレーテ様に「もっと目を見て!」と詰め寄られたファウたん。
河合くんのお兄さん、めっちゃ背高かった。

 


久保みねヒャダこじらせライブ2015

ジャニーズ以外の現場にもひとつくらい行っておきたい!!と思っていたらまさかのこれ。久保ヒャダの頃からのファンです。
トークにお金払ったのって初めてだったんですけど、すごいこと言うんだな?!?!って驚愕。しっかり箝口令も敷かれました。
代々木体育館第一で「私らエゴサのプロだから」と仰るミツコの説得力、ちょーハンパなかった。
即興で曲を作っていくひゃっくんのプロの仕事っぷりに悶えてた。ここでも発揮される、仕事する男萌え。

 


壊れた恋の羅針盤

記事に書いた。
なんかのテキストで辰巳さんが「羅針盤で引き算することを覚えた」みたいなことを話しているのを見かけて、やっぱりそうだよねー!と嬉しい気持ちに。
シャルルが引き算した分余白があって想像する余地があって楽しいし息抜きにもなる。ルベールとアンリは足し算山積みで大変そうだったね。

 


Summer Paradise in TDC「A.B.C-Z Ha“ss”hy★Concert」

橋本くんが真似する橋本くんのお母さんが千葉のヤンキーだった。
君が幸せにならずして、誰が幸せになろうか?!?!?!
人を殺してきた表情で会場から退場する五関くんがめちゃくちゃかっこよかったんだけど、服装がめちゃくちゃダサくってシビれた。

 


Summer Paradise in TDC「A.B.C-Z はじめようAtoZを!!」

おかわりアーリーサマーコンサート!
今までは、派手なこと出来るからコンサート会場はおっきいほうが好きだったんだけど、狭い箱ならではの演出とか良さや楽しみ方を知ってしまったー!ぜいたく!
レジェンドコン「気にせず~」で塚リカがアイドルキャラとして確立、からのアリサマでがだぁくねす×リカのコラボまでやってしまったらもうすることなくない?って思っていたらまさかのゴセコ…!五関くんこの夏めちゃくちゃ忙しかったのにこんなことまで付き合ってくれるんだね?!どこまで断らない人なんだあなたは?!かっこいい!!
二回しか入れなかったのと、笑い過ぎて全然集中できなかったんだけど、「私の唇 あなたに捧げる」パートが「私の塚ちゃん あなたに捧げる」、最後も「運命のLOVEです!」が「友情のLOVEです!」に替わってて、リカとだぁくねすの愛の歌が、一瞬でリカとゴセコの友情ソングに様変わりしたことにめちゃくちゃ感動したー!塚田くん言葉遊びがうまいなあほんとに!→DARKNESSすごいよ記事
シンガポール帰りの河合くんが、なんかずっと綺麗で、びっくりした…。
ここから始まった塚田くんの猛烈★五関くんブームは、年末の今尚続いていることに驚きです。

 


ABC座2015

演出:錦織さんでえび座って、私得すぎる!!!!!!!!!と決まってすぐに卒倒しそうになった~ていうかもうした。
コンサートはあったけど、舞台初日に入るのが初めてで、それも加えて一層思い入れの深いえび座になりました。一日で消えた二幕竹藪のことは忘れないよ。
自分の理解力の問題か、演出が追加される前だったからか、ストーリーにあやふやなところが多くて、自分なりにあれやこれやと解釈をこねくり回して考察したのが楽しかったー!
一人じゃ抱えきれなかったので、仕事終わりの22時に、新宿でえび担とこうじゃないかああじゃないかとあれこれ話し合ったのがとてもとてもいい思い出!
普段は全然考察とか考えないんだけど、それくらい思い入れが深かったんだろうなぁ。これも記事書いたね。
メイチンいいやつだった。ストーリーとは関係ないけど、いいやつだった…。
塚田くん個人に任せられるパートがどんどん増えてきて、感動した…今思えばトニワが極端に少なかったんだけど…。

 

 

関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!

コンサートでこんなに村上くんがおいしかったことってある?!?!?!
ひなちゃんがどんどんピアノうまくなっててぇ…手元をみながらコードを押さえるだけで精一杯だったあの日の村上くんはもういない、ない…。
渇いた花でどうやらすばるくんからひなちゃんとセッションでやりたい、といった話が持ちかけられたようで、ステージに松原.二人だけ残る絵になんかもうぐっときた。
天性のメインボーカルすばるくんに、お前と音楽したいと誘われたむぁかみくぅん…泣くしかない…。
今回めちゃくちゃよかった。アルバムを耳だけで聴いたときはそんなにぴんとこなかったんだけど、コンサートで見たら全部がハイクオリティで興奮しまくった。
エイトのコンサートがむちゃくちゃ好き。今までは好みに近いって意味が強かったけど、今回はクオリティがどれもすごい、やばい。かっこよすぎ。
村上くんがカメラアピールしまくっていたので、モニター越しに目が合ったと悲鳴を上げる安定の低燃費。コンサートでの村上くんの記憶は大体ケツしか見せてもらえなかったから…。

 


JWはまた改めて書けたらいいなー!

 

今年の心残りはNo.9と熱海かなぁ…ドッグファイトも観たかった。
ジャニーズ以外も観たいと思いつつ、なかなか手がまわらない現状。
来年こそはジャニ以外の舞台観にいきたいなー。
半券数えたら25枚でした。来年もたくさんいいもの観たいなー!

今年もよく通いました◎